忍者マーク

忍者とは
くノ一について
忍者の服装
忍者の歴史
忍者の流派
忍術
忍具
実在した忍者
忍者テーマパーク
忍者主題の作品

    くのいちとは

    女性の忍者(くのいち)の実態は、フィクション(映画や小説など)と現実では大きく異なる。全身黒ずくめの忍者装束を着た、いわゆる「女の忍者」として、男性の忍者と同じような任務に就くことはほとんどない。

    ここでは、主として江戸時代に成立した忍術書「万川集海」や「正忍記」の記述を元に、女性の忍者の実態をまとめる。  彼女らの任務は情報集である。ターゲットとなった屋敷や家の下女や女中として送り込まれ、働きながら普段見聞きする情報を収集し、仲間に報告することが主な任務である。

    彼女たちから情報を受け取り、仲間に伝達するメッセンジャーには、定期的に屋敷を訪れて女性達に接触することが不自然ではない小間物屋や呉服屋などの小商いが使われた。    女中や下女などの奉公人は定期に休みをもらって親元へ帰る宿下がりや藪入りなどの習慣があり、こうした行事も情報伝達の機会となった。こうした帰省先の親、あるいは親代わりの身元引受人は、実際には忍者の仲間である。  こうした身元引受人などは長年かけて周囲の信頼を得て地元に溶け込んでいるため、女性の忍者(くのいち)たちは、信頼の置ける身元引受人から紹介された身元のしっかりした下働きとしてターゲットに送り込まれる。

    実際には、諜報活動、潜入活動と言っても色々な形態があり、ひとくくりにできるものではない。ただ、女性がその任務に就く以上は、当然ながら女性ならではの立場・特質・特技を活かした活動になった事であろう。

    そもそも戦国時代において、男性は土地に縛られる(農民でも武士でも)が、女性は自由にどこにでも行けた。ルイス・フロイスの文献に、ほぼすべてにおいて自由(未婚であれ、既婚であれ外出が自由で、さらには、既婚者でも旅先での性交渉が自由とまで書かれてある)もともと諜報活動に向いている性でもある。遊女や傀儡子、白拍子等の女性の遍歴者は、合戦時の神事として帷幕の中にまで呼ばれることが多かった。

    おすすめ情報

    • このチャンスに1ランク上のタイ ゴルフでパタヤ旅行を是非お楽しみください!

    ・語源

     語源について、いくつかの説がある。
      女性を意味する隠語という説 女という漢字を書き順で一画ずつに分解すると「く」「ノ」「一」となるため。江戸時代に編纂された忍術書「万川集海」ではこの説を採っている。 正しくは「九ノ一」と書くという説 これは、人体には目、鼻、口、耳、へそ、肛門の九つの穴があるが、女性は女性器があり、もう一つ多いことから、九ノ一と呼ばれたという説である。ただし、例えばへそではなく尿口を数えるなど、穴の数え方が資料によってまちまちのため、信憑性は今ひとつである。 「九一ノ道」説 作家の戸部新十郎が著書「忍者と忍術」で述べている説。元々は陰陽道における房術を示す「九一ノ道」が本義であり、九の字がたまたま、平仮名のくの字と同じ発音のうえ、一と合すれば、ともに女になることからくノ一というふうになり、それが女忍者の俗称として使われるようになったというもの。 山田風太郎説 忍者小説の大家である山田風太郎の造語である、という説。江戸時代に編纂された忍術書「万川集海」に「女」の文字を分解する語源が記述されているため、山田風太郎説は信憑性に乏しい。

    一子相伝の秘術

        不用品回収 茨城  無地Tシャツ