忍者修行の里 赤目四十八滝 公式サイト

Akame48taki.jp 移動した akame48taki.com.

忍者

日本の忍者の技と歴史

忍者とは、飛鳥時代から江戸時代にかけての日本で、諜報活動、暗殺などを行っていた人物や集団の名称である。一般的には忍大名や領主に仕え仕事を請け負っていたとされる。

有名な集団に、現在の三重県にあたる伊賀で活動していた伊賀衆と、現在の滋賀県あたる甲賀で活動していた甲賀衆が知られている。

個人として有名な忍者に、服部半蔵や猿飛佐助のモデルとなった上月佐助などがいる。

女性の忍者もおり、「女」という文字から「くノ一」と呼ばれた。

忍者の修行

忍者は常日頃から自分の技を磨くための修行を行っていた。脚力、瞬発力だけでなく、洞察力、記憶力、また敵に気づかれないようにするための歩き方などを中心に訓練した。

また手裏剣や鎌、まきびしなど、忍者特有の道具や武器を効果的に使う訓練も怠らなかった。忍者が用いていた武器や道具は数十種類に及んだとされている。

世界でも忍者の注目度は抜群、人気のオンラインカジノWunderino - ワンダリーノでは忍者スロットがプレイできる!

代表的な忍術

逃走する際に、敵を足止めする遁術が特に有名である。火遁、水遁、土遁、木遁、金遁の五つを合わせて五遁という。